デメリットももちろんある|太陽光発電を導入すれば電気代がグッと浮く

宮城の業者に太陽光発電を依頼する際に気をつけるべきこと

コスト削減

どのような屋根にも付けられる

基本的に、太陽光発電はどのような建物にも付けることができ、壁や土地に取り付けることも可能です。ですので、自宅の屋根が不向きでも他の方法で設置できるかどうかを信頼のおける専門業者に相談してみるといいでしょう。

設置しやすい屋根の形

片流れが最適

こちらの屋根は傾いてはいますが、専用の台を置くことによって調節することができるでしょう。また、建物が何もなく日当たりが良好の場所ならバッチリです。ですので、この形であれば迷わず専門業者に依頼するといいでしょう。

片面だけなら切妻

日本に多く見られる屋根の代表格である切妻型は、丁度斜めになっているので、台をつけなくても太陽光発電を設置することが可能です。しかし、範囲が狭くなるので、たくさんつけたい場合には不向きな屋根といえるでしょう。

寄棟型も付けられる

太陽光発電を一つだけ取り入れて災害の時に備えたいのなら、寄棟の屋根でも付けることができます。また、ソーラーパネルを一つだけ取り付けるなら費用をぐっと抑えることができます。

方型の場合

屋根の一番上が合わさっているような形の屋根を方型といいます。こちらは、設置する範囲が狭くなってしまいますが、太陽光発電機を設置することが可能です。しかし、狭くなる分得られる電力も限られてくることを念頭に入れておくべきです。

入母屋でも大丈夫

こちらは、古くから日本で親しまれている形の屋根ですが、この屋根に取り付ける場合、建物自体が老朽化している可能性も否定できません。太陽光発電は重みがあるので、耐久性の調査をしてからこちらに設置すると安心して暮らせます。

デメリットももちろんある

屋根

雨漏りの原因になる

家に太陽光発電を取り入れてしまうと、稀に雨漏りの原因になってしまいます。ですので、耐久性のない屋根には基本的に設置できないのですが、そのような屋根でも押し売りをしてくる業者もいます。悪徳業者の可能性が高いので注意しておきましょう。

夜は使えない

太陽光発電は、宮城でも取り入れている家庭が増えています。しかし、太陽光発電機は基本的に太陽が出ている時間ではないと使うことができません。電力を温存するには専用のアイテムを購入しなければならないので、事前に確認しておきましょう。

反射がトラブルになる可能性がある

太陽光発電は太陽光が反射することがあるので、近所の方からクレームがくるケースがあります。ですので、どれのくらい反射するのか天気のいい日に試してから設置するとトラブルを防げます。