補助金に必要な書類|太陽光発電を導入すれば電気代がグッと浮く

宮城で太陽光発電の補助金をもらうための手続き

コスト削減

90日の期限がある

電力受給契約日から90日経過してしまうと、市から補助金が受け取れなくなってしまう可能性があるのです。なので、できるだけ早く上記の書類を集めて提出するようにするといいでしょう。そうすればお得に使うことができるようになります。

補助金に必要な書類

家

契約書が必要

宮城で太陽光発電の補助金をもらうならいろいろな書類が必要になってきます。例えば、工事にかかった期間が明確に記されているものを持っておくといいでしょう。ない場合は、契約書を持っていくことで、補助金を受け取ることが可能です。

捨てたらダメ

太陽光発電の補助金を受け取りたいなら、領収書が必要不可欠になってしまうので、絶対に捨てないようにしましょう。レシートと一緒に捨ててしまわないように、分かりやすい場所に保管しておくのが大切です。

写しが必須

電力受給契約申込書というものを宮城の業者が契約をする際に渡してくれるので、そのコピーを持っていくといいでしょう。書類そのものを持っていく方もいますが、書類が保管されてしまう可能性があるため、事前にコピーを取っておきましょう。

写真を撮っておく

自宅の太陽光発電を取り入れる前の写真と取り付けた後の写真両方を持っておけば証拠になるので、給付金を受け取りやすくなります。携帯電話で撮影し、現像して持っていくといいかもしれません。

委任状に注目

交付申し込み手続きを他の方にやってもらうのなら、委任状が必要になってきます。また、それがないと給付金を受け取ることができなくなってしまうので、早い時期から委任状を書いてもらうようにお願いしておきましょう。