工事をするまでの流れ|太陽光発電を導入すれば電気代がグッと浮く

太陽光発電を宮城の業者に依頼するなら

コスト削減

選び方がポイント

太陽光発電を取り入れるなら、実績のある専門業者と契約することが最大のポイントとなっているといっても過言ではないでしょう。そうすることによって、トラブルに巻き込まれることなくすぐに導入することが可能になるのです。

導入した決め手

自宅で取り入れられるか心配だった。

うちの屋根は変わっている形をしているので、太陽光発電を取り付けるのは無理かなあと半分諦めモードでした。しかし、業者さんが丁寧に説明してくれてうちの家でも取り付けられることが判明したので、依頼することにしました。

雨が降ったらできないと思っていたから迷いました。

よく、新聞やニュース番組で太陽光発電は雨や曇りが多い地域には適さないといわれていたので、私の住んでいる地域には向いていないと思っていました。しかし、こちらの業者に問い合わせたら大丈夫とのことなので、お願いしました。快適に使えています。

保証があるか心配だった。

太陽光発電は装置だけでも高いのに、ましてやメンテナンスが毎年あるとなると費用を払いきれないと思っていたのです。しかし、15年から25年までと長期に渡って保証をしてくれるので、安心して取り入れることができました。感謝です。

費用を抑えるコツを教えてくれた。

太陽光発電を取り入れるには一つ150万円前後の大金が必要なので、私のようなサラリーマンには正直きびしいです。しかし、補助金のことを分かりやすく教えてくれたこちらの業者なら安心して任せられると思い契約しました。

実績で判断した。

ウェブサイトを見てみてもだいたい同じような専門業者しかおらず迷ってしまいましたが、実績や過去の工事の様子を事細かに載せていたこちらの業者なら大丈夫と思い依頼しました。案の定、きちんと最後までこちらの要望に応えて頂けました。

工事をするまでの流れ

太陽光発電

電話をする

まずは、電話をすることから始めてみるといいでしょう。しかし、業者によっては値段が違ってくるので、少しでもお得に太陽光発電機を取り付けたいなら宮城県の業者を比較することが大切です。そうすることによって、費用を抑えることができるのです。

下見をする

宮城の専門業者に依頼すると、スタッフが実際に自宅を訪れて耐震性や屋根の形などを調べます。そして、自宅に取り付けられるようなら、契約を行ないます。この時に太陽光発電機が付けられない場合は、車庫の上を検討するといいでしょう。

配線の場所を確認

太陽光発電は配線がとても重要になっており、宮城の業者に依頼する時もそちらに注目して工事が行われます。また、配線が整っていればすぐにでも工事をすることができるので、費用を抑えることに繋がります。

装置の取り付け

自宅の耐震性や配線の確認が終わったら初めて太陽光発電の取り付けが行なわれます。そして、稼働してみて動くようであればそれで工事が終了です。また、その日から自宅で太陽光発電機を利用することができるので、試してみるといいでしょう。

書類を書く

工事をする際には、宮城の専門業者から必ずなんらかの書類を渡されるので、そこにサインをするといいでしょう。中には、ハンコが必要な場合もあるので、事前に用意しておくといいかもしれません。